シェアする

【芸術系テレビ番組情報 】美の巨人たち 葛飾応為(おうい)「夜桜美人図」とは

シェアする

おはようございます、アートソムリエの竹谷允宏です。

e7d83ac36811a5ba7a375bd9a4d1a246
e7d83ac36811a5ba7a375bd9a4d1a246

葛飾応為(おうい)「夜桜美人図」部分
19世紀中頃(江戸時代後期)
絹本彩色 88.8×34.5cm メナード美術館蔵

明日夜放送のテレビ東京系の番組、美の巨人たちの情報をお届けします。
4月23日 夜10:00-10:30 テレビ東京系
美の巨人たち公式サイト

2週連続「北斎父娘特集」の2回目は、娘・応為の最高傑作『夜桜美人図』をお送りします。

北斎の6人いた子供のうちただ一人絵師になった人物。
彼女の絵を特徴づけるのは、光と闇の描き方です。

今回は、父を負かすほどの才能をもった応為の作品を、照明デザイナー・石井幹子さんら4人の専門家が解説します。美人画の世界に光と闇を持ち込み、日本画を革新した女性絵師。その生涯と作品世界の魅力を追います。

今日の記事はいかがでしたか?
アートに関する人気ブログをランキング形式で読みたい方は、下のアイコンをクリックしてください!


デザイン・アート ブログランキングへ
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村



style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-5346230876852792″
data-ad-slot=”4483333834″
data-ad-format=”auto”>